1つのお灸

鍼灸師を目指すのなら専門学校で

お沢山のお灸

手に職が欲しい、将来的には独立開業を目指したい、そんな夢を持っているのであれば鍼灸専門学校への進学を考えてみると良いでしょう。

鍼灸師とは「はり」や「きゅう」によって、体の不調などを改善していく仕事です。働くためには、「はり師」と「きゅう師」という国家資格を目指すことになります。それぞれ別々の資格となりますが、鍼灸専門学校に行けば両方の資格取得を目指すことができます。そんな鍼灸の資格を取得するための勉強を専門学校で行うメリットは、期間の短さです。

はり師ときゅう師の受験資格を得るためには、3年以上の養成課程が必要となります。大学で鍼灸の勉強をすることもできますが、より早く受験資格を得たいのであれば、3年で受験資格を得られる専門学校を選んでおくことがおすすめです。さらに、夜間コースのある専門学校であれば、日中は働きながら鍼灸師を目指すことも可能となります。

鍼灸専門学校の卒業後の進路は、鍼灸院への就職のみとは限りません。鍼灸を活用したエステサロンや、スポーツ施設など、様々な場所で活躍が可能です。そのため、少しでも鍼灸師の資格や仕事に興味を持っているのであれば、通いやすい専門学校を探すところから始めてみると良いでしょう。