1つのお灸

鍼灸師を目指す専門学校での勉強は

鍼灸師の男性

3年という最短期間で「はり師」と「きゅう師」の受験資格を得たいという場合は、鍼灸専門学校への進学を考えておくと良いでしょう。そんな鍼灸専門学校では、実技に関する勉強だけでなく、医学に関する様々な知識を身につけることもできます。

鍼やお灸の使い方を知っているだけでは、鍼灸師として働くことはできません。鍼灸師として働くためには、筋肉や関節、神経など人体の構造を学ぶ解剖学や、生命維持の仕組みを学ぶ生理学、そして鍼灸の基礎となる東洋医学の勉強も必要です。はり師ときゅう師の国家試験では、鍼やお灸に関する知識が求められます。国家試験では、実技が何よりも重要になるのではないかと考える人もいますが、はり師ときゅう師の国家試験では実技試験は行われていません。実技に関する評価は専門学校で行った上で、国家試験に挑むという形になります。

専門学校では、ただ鍼灸に関する技術や知識について学ぶだけでなく、はり師ときゅう師の国家試験を突破しやすいように対策まで行って貰うことができます。そのため、本気で鍼灸の世界を目指すのであれば、資格取得までの流れをしっかりと意識した授業や対策を行ってくれる鍼灸専門学校への進学を考えておくと良いでしょう。